美しい自分を持続するには カラー編

私のカラーのおすすめの周期。

白髪染めの方は月に一度。 おしゃれ染めの方は、1ヵ月半~2か月に一度。
ハイライト入れてらっしゃる方は、4カ月くらいしたら、根本のハイライトの入れ直し。

毛先まで染めるのは周期はどの程度がいいのかとなると、

傷みが進行しにくいのは、リタッチカラーを繰り返すことです。髪のつや、潤い、手触りが全然違います。ただ、オレンジぽく抜けた感はでるので、それが傷んでるように【見えて】しまったりあります。

もし見た目が艶があったり、まとまりがあるように見せたいなら、たまに毛先までそめるといいでしょう。色味が変わると気分も変わるし、髪もキレイにみえます。髪の傷みを考えると3、4カ月に1度、ロングの方は極力リタッチがおススメです。

色味をこだわりたい、クオリティを上げたいという方は毎回毛先までを繰り返すと叶いやすくなります。ただショートやミディアムくらいの方がおススメですね。ロングだとカラーが繰り返される毛先が留まることになるので、ぱさつきが目立ってきます。

もちろんケアシャンプーでお手入れすることが美しい髪の秘訣になってきます。

これで見た目美しい状態をキープできます。

私は今までお客様を見てきて、マメにカラーされている方は、頭皮が赤黒くなって、ひょろひょろした細い毛がはえてきてしまう(エイジング毛)方を見てきました。

なので私は自分のカラーの時はあまり頭皮にお薬をつけたくありません。いつも頭皮をはずして塗ってもらってます。しみるのと、頭皮環境を守って、将来に備えたいって想いですね。

カラー剤は1液と2液を混ぜて酸化反応が起きていることで、染まる仕組みです。この時に活性酸素が発生します。活性酸素といえば、老化の原因になります。頭皮が老化する状態に一気に傾くという事なんですよね。

老化した地肌からはエイジング毛が生えてきて、トップのボリューム細い毛で老けみえの原因になります。

これを予防したいんですよね。

しっかり根本から染めて、長持ちさせたい。て方は多いです。確かに根本を外すので早く黒い部分が生えてきます。

例えば、月一カラーを40年染めたとして480回の頭皮にカラーがついてるのと、40年根本をはずしてカラーして0回頭皮についた頭皮環境の状態は、違うと思います。

根本まで染めて今の一番若い自分を満喫するか、将来の髪を残す可能性として根本をはずして塗るか。

どちらもメリットデメリットがありますね。

頭皮をはずしたカラーをされたい方はお申し出ください。根元からしっかり染めたい方はもちろんそちらも対応いたします。

UKARUは先を見据えたスタイル作りの情報提供、ご提案をいたします。









この記事を書いた人