美しい自分を持続するには パーマ編

美しい自分をキープするための、スタイルキープ法。
パーマの周期は?

パーマ・・・3か月に一回。ただしショートスタイル~ミディアムにかけて。

なぜショート~ミディアムなのか。ショートやミディアムだと、かけてた部分をカットしていけるので、パーマをかけた後、傷みがある毛が最小限の状態でかける事ができます。

髪の状態や、スタイルにもよりますが、

この2つのスタイルをまた3カ月後に同じようにするとなると、

上のスタイルだと、毛先しかかけてないから、そこをカットしてある程度なくなった後で、かけれるので傷んでる部分が少ない状態でかけれる。

下のスタイルだと、すそのところはカットして傷みがある程度とれるけど、表面の髪がパーマが残った状態でかけるので、表面が傷みやすくなります。(前処理剤をしたとしても、髪が復活するわけではないので、前回のパーマと今回のパーマで同じ髪に2回かけてることになる)、それを踏まえて、この日までにしてきた普段のお手入れによって、髪の体力も変わってきます。

お手入れしてきた髪だと、傷みもそう進んでなく、かけた後も、お手入れ続けて大切にしてとしたら、まとまりがあるスタイルになれます。(スタイリングのオイルをつけるなど、スタイリングは必要。)

ケアをしていない傷んで体力がない髪だと、そこが薬がききすぎてなおさら傷んで、広がる扱いづらい髪になる可能性が高いです。

パーマはラクチンですがきれいなウエーブ・カールをだすには、ケアありきです。乾燥したパサパサしたパーマはお手入れに手間がかかったり、まとまらなくなります。


このようなショートだと、マメにカットしてかけていけるので比較的、お手入れは楽になります。ケアは必要ですが、こちらは軽くオイルをつけるだけでも叶うスタイルです。ショートスタイルとパーマは相性いいです。


このようなロングとなると、せめて肩くらいに切って、スタイルチェンジしてかけるか、スタイルが同じようにしたいなら次回のパーマは6か月後くらいになります。それでも毛先のパーマが残ってる状態でかけるので、パサつきは感じやすくなります。

パーマは誰でもかける事はできます。でも、美しく見えるパーマのかけるとなると、健康な髪にかけるのがきれいに見える秘訣になるので、傷んでる方は、思い切って傷んでるところを切ってかけるのがおすすめです。

スタイルによっても変わってきますが、うかるは無理をしないパーマつくりをしたいと考えております。ケアが必要な方はお伝えさせていただきます。

この記事を書いた人